TTからトップ譲らず! 2位に6秒差
2012大井松田チャレンジカップ第6戦
TIAジュニアクラスの表彰台。(左から)2位の源平伊吹、優勝の土志田洸彰、3位の木下藍斗が万歳!
TIAジュニアクラスの表彰台。(左から)2位の源平伊吹、優勝の土志田洸彰、3位の木下藍斗が万歳!
 【大井松田カートランド(神奈川県)】雲ひとつないさわやかな秋晴れの中、SLレースとして開催されているチャレンジカップ第6戦が10月21日、当地で行われた。ここでクローズアップするのは「ヤマハTIAジュニアクラス」。エントリー台数は5台と少ないが、実力伯仲でバトルのレベルは高く、全国的にみてもジュニアカーターの登竜門とされるクラス。この日、絶好調だったのは土志田洸彰(どしだ・ひろあき、12)だった。

    ◇    ◇    ◇

 土志田は今季2位2回、3位1回と結果は出しているもののまだ優勝はなく、ランキング2位。この第6戦はチャンピオンに望みをつなげるためにも優勝を勝ち取りたいところ。

 まずタイムトライアル(TT)では、2位にコンマ1秒という僅差ながらトップタイムをマーク。続く予選ではPP(ポールポジション)スタート直後から一気に逃げる作戦が功を奏して、危なげなくトップでチェッカーを受けた。

 残るは決勝レース(20周)。この土志田、何度もトップを走った経験はあるが、緊張からか、単独スピンで勝てるレースを何度か落としている。こうなると敵はライバルというより自分自身かもしれない。

 だが今回土志田はそのスタートをうまく決めた。すぐに鬼門の3コーナーを迎えた。オープニングラップに後続が必ず仕掛けて来るところで用心が必要。だが、そこも難なくクリアし、あとは予選同様に逃げるだけという展開になった。

 2番手争いはし烈。予選で3番手になった源平伊吹(げんぺい・いぶき、10)が、決勝では早々に木下藍斗(あいと、12)をパスして2番手に浮上。だが木下がピタリと張り付き、それを振り切りたい源平だったが、残り2周となった18周目の6コーナーで木下に鋭くインを差された。これでは予選と同じ展開と源平は奮起。最終ラップの1コーナーで木下のインに飛び込み、サイド・バイ・サイドのまま3コーナーに突入し、インを押さえて逆襲に成功した。

 そんな激しい2番手争いが首位の土志田に幸いし、結果的に後続を6秒以上引き離してのチェッカー。TTから決勝まで、一度もトップを譲ることのないパーフェクトウインのオマケつきで初優勝を飾った。
2位に6秒以上の大差をつけて優勝した土志田の走り
2位に6秒以上の大差をつけて優勝した土志田の走り
 土志田は「予選のスタートは緊張して、4コーナーまでに抜かれるんじゃないかと心配だった。決勝はもっと緊張したが、とにかく単独スピンだけはしないように気をつけた。4コーナーが苦手なので、少しでも後ろとの差を作りたかった。チェッカーを受けるまで心配でしょうがなかったが、1位でゴールした時はほっとした。チャンピオンの可能性は1%くらいだけど、最終戦も優勝を目指して頑張ります」と意気込んでいた。

 一方、2位フィニッシュに成功した源平は「決勝のスタートは落ち着いてできたけど、直後の2コーナーで同じチームの高橋君と接触した時は少し焦った。後半はずっと木下君が後ろに付いていて心配だった。残り2周で抜かれれたが、絶対に抜き返すと思って頑張った」としてやったり。

 競り負けて3位になった木下は「残り2周で源平君に近づけたので仕掛けたけど、1コーナーでかわされてしまった。悔しかった。現在ランク首位なので、最終戦は優勝してシリーズチャンピオンになりたい」と気を引き締めていた。
この日は7クラスに59台が出場。チャレンジカップは相変わらずの盛況だった
この日は7クラスに59台が出場。チャレンジカップは相変わらずの盛況だった
[大井松田チャレンジカップ第6戦](10月21日/大井松田/1周612m/路面:ドライ)
▽ヤマハジュニア(20周)
順 ドライバー(チーム)       タイム   予 T
1 土志田洸彰(OMSC) 12分00秒628  1 1
2 源平伊吹(ラマーレRT)    6秒831差 3 3
3 木下藍斗(BUTLER)    7秒057差 2 4
4 飯田桃輔(ラマーレRT)   18秒085差 5 5
5 高橋虎誉(ラマーレRT)   0周リタイア  4 2
 
▽レンタルT4
 順 ドライバー RI RII
 1 椎野拓磨   2  1
 2 千里内義希  1  6
 3 持田孝司   4  3
 4 高橋虎誉   3  5
 5 南澤拓実  13  2
 6 中村圭希   6  7
 7 田中眞人  12  4
 8 山之口輝史  5 10
 9 橋本浩將   7 10
10 小澤寛徳  15  8
11 渡部 翼   8 11
12 松浦誠也   9 12
13 射場頼孝  10 14
14 中島敬之  14 13
15 山形昌也  11 15
 ※RI=第1レース(14周)
 RII=第2レース(20周)の順位。順=総合順位。

▽ヤマハカデットオープン(20周)
順 ドライバー 予 T
1 薄田裕次郎 1 1
2 中原聖也  2 2
3 鈴木 駿  4 3
4 西家寿一  3 4
5 小松晃大  5 5

▽スーパーカデット(20周)
順 ドライバー 予 T
1 岡野知大  1 1
2 高口大将  2 2
3 小林 玲  3 3
4 新家一輝  − −

▽ヤマハスーパーSS(20周)
 順 ドライバー  予  T
 1 菅野勝義   1  1
 2 鹿野宏高   2  3
 3 日笠山裕貢  4  5
 4 中井博之   5  4
 5 村崎義大   8  7
 6 前田洋治郎  3  2
 7 五島敏郎   9 10
 8 土屋忠史  10  8
 9 河野正泰   7  9
10 鈴木一史   6  6

▽ヤマハSS(20周)
順 ドライバー  予  T
1 飛田陽宏   1  1
2 佐久間 俊  2  4
3 高橋拓真   3  3
4 満田隼矢   4  5
5 澤尻拓也   7  6
6 青柳貴明  12 10
7 戸澤 諒  10 11
8 西林陸夫   5  2
9 堀口幸輝   9  9
− 布施虹歩  11 12
− 國分太樹   6  7
− 岩出拳也   8  8

▽PRD(20周)
順 ドライバー 予 T
1 加藤久佳  1 1
2 竹下芳裕  2 2
3 座本美奈子 4 5
4 藤木章二  3 3
5 土田守男  5 4
6 佐藤正幸  6 6
 ※予=予選、T=タイムトライアル順位