場内騒然! 激しいタイム争い〜50人が出場
2013第1回フレッシュマン・タイムアタック・グランプリ
最後に逆転して優勝した「さとぷぅぅ」(中)、どんでん返しを食らった2位の「DAI」(左)、序盤のトップタイムを更新された3位の「裕史」
最後に逆転して優勝した「さとぷぅぅ」(中)、どんでん返しを食らった2位の「DAI」(左)、序盤のトップタイムを更新された3位の「裕史」
 2013第1回フレッシュマン・タイムアタック・グランプリ(F−TAGP)が20日、埼玉県・サーキットスタジアム634で行われた。その日の一番速いラップタイムを競う初級・中級者向け無料エントリーのイベント「F−TAGP」。これまで数々のドラマが生まれてきたが、新春第1弾の今回は特に劇的。開始早々にマークされたトップタイムがなかなか破られなかったものの、終了間際に大きく動いた。そして最後はさらにすごい展開に…。(敬称略)

       ◇     ◇     ◇

 このイベントは、過去のTAGPの5位以内入賞経験者、F−TAGP3位以内入賞経験者は対象外となるため、毎回新しいウイナーが生まれることになる。7分間のタイムアタックは、一般の初心者も同時に走行しているため、運も味方につけなければならない。
634特有の路面で激しいバトルが展開されている。F−TAGPは8台ずつのアタック。技量差のあるメンバーだけに運にも左右される
634特有の路面で激しいバトルが展開されている。F−TAGPは8台ずつのアタック。技量差のあるメンバーだけに運にも左右される
 この日は50人が出場。基本8台ずつの6組でアタック合戦が行われた。女性ドライバーや中学2年生がトップ争いを繰り広げるなど、幅広い年齢層の選手たちが走行。最年少選手は金子修(9)でお父さんとおそろいのヘルメットを着けて大人顔負けの走りを披露して注目を浴びていた。

 オープン早々、「裕史」が24.449秒の好タイムをマークした。634の冬路面の難しさから21時をすぎてもこの記録は破られることはなかったが、深夜帯に入ってから「さとぷぅぅ」がこれを上回り、このままで決まりと思われた。

 だが終了まで残り2走行のアタックで、なんと「DAI」が逆転のトップタイムをマークして場内騒然! しかし、ドラマはこれで終わらない。全員が見守る最終アタックで、さとぷぅぅがスーパーラップを披露。DAIのタイムをわずか0.042秒上回って見事な優勝を飾ったのだ。

 最後まで手に汗握る激闘に、参加選手、ギャラリー全員から拍手喝采が送られた。2012第7回の山本享稔(40)に続いて、2013第1回はさとぷぅぅ(41)が優勝。連続してオジサンパワーが若いカーターたちを制したことになる。

 だが、周囲の熱狂に対し、当のさとぷぅぅはクール。「ふだんは平日に来ることが多く、速いと言われる常連さんたちにどこまで食い込めるか挑戦がしたかった。だから1位と言われてもピンとこなくて…。小さなミスで23秒台に入れなかったことの悔しさが勝っている」と、なかなか実感が湧かなかったようす。

 それでもじわじわ喜びがこみ上げた感じで、さとぷぅぅは最後には、「おじさん世代の一人として、年を重ねても速くなりたい気持ちがあり、実車でもタイムがアップしている。何歳になっても向上心を持って速くなりたい気持ちを大切にこれからも頑張ります!」と力強く語ってくれた。
この日の最年少9歳の金子修クンは18位に健闘。ベストタイムは26秒699だった
この日の最年少9歳の金子修クンは18位に健闘。ベストタイムは26秒699だった
 これまでのF−TAGPでは女性の入賞もあり、あらためてスポーツカートは老若男女が一緒に競い、楽しめることが実証されている。ビギナーの段階から他人と競う楽しみを味わえる634のF−TAGPは、毎月第3日曜日の11時から24時まで行われており誰でも参戦できるのが魅力だ。
 [サーキットスタジアム634(ムサシ)]
 2010年12月、国道16号線沿いの三井アウトレットパーク入間とコストコの目の前という人気スポットにオープンした、日本最大級のインドアカートサーキット場。圏央道の入間ICからすぐ。天候に左右されない屋内サーキット場で、平日は深夜24時まで営業(土曜日は26時まで)。立体コースとテクニカルなコースレイアウトで、アスファルトとは異なる路面は、デリケートなハンドリングやアクセルワークが要求される。初心者・女性には女性スタッフが優しく走行アドバイスをしてくれる。
 [13年第1回F−TAGPのトップ10成績]
 (1月20日/サーキットスタジアム634/1周350m)
 順 ドライバー    タイム
 1 さとぷぅぅ  24秒065
 2 DAI    24秒107
 3 裕史     24秒449
 4 トリバード  24秒460
 5 チャッピー  24秒561
 6 リュウジ   24秒712
 7 まちゃねずみ 24秒857
 8 まめ     25秒430
 9 洋祐     25秒443
10 モナカ    25秒546
 ※出走50台