日本人が表彰台独占
第3戦予選&決勝レース1
難しいレースを制した伊藤(中)と2位小山(左)、右は3位芳賀(カメラ=竹内英士)
難しいレースを制した伊藤(中)と2位小山(左)、右は3位芳賀(カメラ=竹内英士)
 アジアロードレース選手権(ARRC)第3戦は4日、雨の三重県・鈴鹿サーキットで予選、レース1を行い、スーパースポーツ(SS)600は伊藤勇樹(ヤマハ)が今季初勝利、小山知良(ホンダ)、芳賀紀行(スズキ)が2、3位で日本人が表彰台を独占。AP250は山本剛大(カワサキ)がポールtoウイン、スズキ・.....
【ログインして続きを読む】