苦悩からの脱却目指す
第3戦日本大会
バトルを制し優勝した高橋裕紀(1)(カメラ=竹内英士)
バトルを制し優勝した高橋裕紀(1)(カメラ=竹内英士)
 アジアロードレース選手権(ARRC)第3戦は5日、三重県・鈴鹿サーキットでレース2の決勝を行った。最高峰スーパースポーツ600クラスは、高橋裕紀(ホンダ)が今季初優勝。2位の小山知良(同)がランキング首位に立った。3位にも伊藤勇樹(ヤマハ)が入り、日本人が表彰台を独占した。

 アジアプロダクシ.....
【ログインして続きを読む】