アジアロードレース第4戦
AP250レース2の表彰台で喜ぶ3位の小山(右)。左は2位のイズディハル、中央は優勝のサリム(ARRC提供)
AP250レース2の表彰台で喜ぶ3位の小山(右)。左は2位のイズディハル、中央は優勝のサリム(ARRC提供)
 アジアロードレース選手権第4戦が13日、インドネシアのセントゥールサーキットで行われ、18台によるSS600のレース1はディマス・エッキー・プラタマ(ホンダ、インドネシア)、レース2はデチャ・クライサー(ヤマハ、タイ)が優勝。羽田太河(ホンダ)はレース1で3位表彰台を獲得したが、レース2は12位.....
【ログインして続きを読む】