2輪の世界耐久選手権第3戦は11日、スロバキアのスロバキアリンクで8時間レース(出走32台)が開かれ、日本チームのTSRホンダフランス(藤井正和総監督)は総合3位だった。カワサキを駆るタティチームトリックスター(鶴田竜二監督)は同18位。優勝はYART(ヤマハ・オーストリア)。