ロズベルグとの4位攻防戦制す
第7戦カナダGP編
 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の力はやはり本物だった、とカナダGPを見て改めて思った。いつの間にか表彰台に立つことのできるポジションを走っていたのには驚いたが、最終盤のニコ・ロズベルグ(メルセデス)との4位攻防戦を見事に制した腕前と腕前以上の精神力。これには脱帽した。

 普通、10代.....
【ログインして続きを読む】