カタルーニャGPは、シーズンを通してタイヤに厳しいレースのひとつ。ホンダのカル・クラッチロー、ヤマハワークスの二人(バレンティーノ・ロッシ、カル・クラッチロー)は、穴あきフェンダーでレースに挑み、ロッシ3位、クラッチローは4位という結果でした。優勝したのはロレンソ、2位マルケスという結果でした。
カタルーニャGPは、シーズンを通してタイヤに厳しいレースのひとつ。ホンダのカル・クラッチロー、ヤマハワークスの二人(バレンティーノ・ロッシ、カル・クラッチロー)は、穴あきフェンダーでレースに挑み、ロッシ3位、クラッチローは4位という結果でした。優勝したのはロレンソ、2位マルケスという結果でした。
 前回はMotoGPマシンの「雨対策」について書きましたが、今回は「暑さ対策」について書きますね。これは、シーズンを通して、もっともタイヤに厳しいレースのひとつ。カタルーニャGPで撮影したものです。この数年、カタルーニャGPは6月に開催されていて、この時期のバルセロナは日差しがきつく(7月&8月は.....
【ログインして続きを読む】