第11戦オーストラリGPのマルク・マルケスのRC213V。アンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)とし烈な優勝争いを繰り広げて僅差の2位に終わりましたが、フリー走行、予選では圧倒的な速さでした。
第11戦オーストラリGPのマルク・マルケスのRC213V。アンドレア・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)とし烈な優勝争いを繰り広げて僅差の2位に終わりましたが、フリー走行、予選では圧倒的な速さでした。
 ホンダの“真っ黒クロスケ”フレームが、第11戦オーストリアGPでついに実戦デビューを果たしました。マルク・マルケスがこの数戦、テストを続けてきたもので、レッドブル・リンクでついにセットアップが決まったのか、フリー走行、予選と、この新型フレームを使用してライバルを圧倒し、最高峰クラスの最多PP記録.....
【ログインして続きを読む】