第80回
チャンピオン争いをした1990年、シーズン途中の怪我で高田孝慈はランキング18位に終わった。復帰を掛けた91年も思うような走りが出来ず、ランキング18位に終わった。(写真/赤松孝)
チャンピオン争いをした1990年、シーズン途中の怪我で高田孝慈はランキング18位に終わった。復帰を掛けた91年も思うような走りが出来ず、ランキング18位に終わった。(写真/赤松孝)
 ライダーがマシンを降りようと決意する時、つまり、引退を決断する時というのはいつなのだろうか。ある本によれば、F1の中嶋悟選手は一年以上も前にやめることを決意していたのだという。それが本当だとすれば、この一年という時間、特に引退を発表してからの数カ月というのは、おそらく中嶋選手のレース人生の中でも.....
【ログインして続きを読む】