『年を取りすぎたのかも…』
第115回
1992年の鈴鹿8時間耐久レースで4回目の優勝を達成したワイン・ガードナー。チームメートはダリル・ビーティーでオーストラリアコンビで優勝した。(写真/赤松孝)
1992年の鈴鹿8時間耐久レースで4回目の優勝を達成したワイン・ガードナー。チームメートはダリル・ビーティーでオーストラリアコンビで優勝した。(写真/赤松孝)
 鈴鹿8時間耐久レースで優勝したワイン・ガードナーが、興味深いコメントを残した。

 「このレースを走るのには、ちょっと年を取りすぎたかもしれない。実にハードだったよ」。

 フランスにいるために、多少ニュアンスが違って伝わってきているかもしれない。しかし、ガードナーのその言葉を知った時、僕はドイ.....
【ログインして続きを読む】