第125回
シンチャンこと伊藤真一さんのキャリアは輝かしい。これは今年の8耐のスタート前の写真で「Team SuP Dream Honda」のライダーブルーとして伊藤真一は出場。ダミアン・カドリンとグレッグ・ブラックの3人体制で挑み、予選14位、決勝42位(193周)だった。8耐では4度の優勝。全日本ロードでは最高峰カテゴリーで4度のチャンピオンに輝く。
シンチャンこと伊藤真一さんのキャリアは輝かしい。これは今年の8耐のスタート前の写真で「Team SuP Dream Honda」のライダーブルーとして伊藤真一は出場。ダミアン・カドリンとグレッグ・ブラックの3人体制で挑み、予選14位、決勝42位(193周)だった。8耐では4度の優勝。全日本ロードでは最高峰カテゴリーで4度のチャンピオンに輝く。
 優勝したアレッサンドロ・バロスは、その瞬間のことをこう語っている。

 「あの上り坂を越える時は、いつもジャンプしてしまうんだ。おそらく、向かい風とウイリーのしすぎが運悪く重なって、吹っ飛んでしまったんだろう」。

 バロスがいうあの上り坂とは、先週、TBCビッグロードレースが行われたSUGOの.....
【ログインして続きを読む】