第146回
17歳で全日本ロードの最高峰クラス500ccクラスにデビューしてチャンピオンを獲得したノリックこと阿部典史。デビューレースとなった開幕戦鈴鹿大会は、まさに、「衝撃のデビューレース」となった。写真はチャンピオンを決めた93年最終戦筑波サーキット。(写真/赤松孝)
17歳で全日本ロードの最高峰クラス500ccクラスにデビューしてチャンピオンを獲得したノリックこと阿部典史。デビューレースとなった開幕戦鈴鹿大会は、まさに、「衝撃のデビューレース」となった。写真はチャンピオンを決めた93年最終戦筑波サーキット。(写真/赤松孝)
 鈴鹿サーキットで開催された全日本の開幕戦を見てきた。17歳の阿部典史が、500ccのデビューレースで素晴らしい走りを見せてくれた。これまでいろんな新人を見てきたが、デビューレースでこれほどの走りをする選手はいなかった。結果は2位。言うことなし。レース後の会見では、「疲れたらペースを落とし、転ばな.....
【ログインして続きを読む】