第169回
これは1993年(平成5年)8月30日のトーチュウ。飛び魚も現地で取材していたが、予選6番手、決勝で5番手を走行していた鈴木亜久里さんは、「タイヤを交換した後に油圧が低下してギアの入りが悪くなった。ピットまで戻ろうしたのだが止まってしまった」とマシンを止めてリタイヤとなった。レース展開では十分に表彰台を狙えるレースだった。
これは1993年(平成5年)8月30日のトーチュウ。飛び魚も現地で取材していたが、予選6番手、決勝で5番手を走行していた鈴木亜久里さんは、「タイヤを交換した後に油圧が低下してギアの入りが悪くなった。ピットまで戻ろうしたのだが止まってしまった」とマシンを止めてリタイヤとなった。レース展開では十分に表彰台を狙えるレースだった。
 2週間前、チェコGPで優勝した坂田和人は、その翌日、一度にいろんなことを経験することになったという。

 ひとつはチェコからの帰り道、高速道路上で起こった出来事だ。バイクでチェコGPを観戦に来ていた大勢のドイツ人たち。チャンピオン争いをしているドイツ人のディルク・ラウディスのファンに取り囲まれ、.....
【ログインして続きを読む】