第178回
1993年は、日本人にとって本当に激動のシーズンだった。日本人の世界チャンピオン誕生の瞬間に立ち会えたことに心底感動した。あれから25年、四半世紀が過ぎたいまも、飛び魚の脳裏には、この記事を書いたシーズンのことが忘れられない。
1993年は、日本人にとって本当に激動のシーズンだった。日本人の世界チャンピオン誕生の瞬間に立ち会えたことに心底感動した。あれから25年、四半世紀が過ぎたいまも、飛び魚の脳裏には、この記事を書いたシーズンのことが忘れられない。
 僕のようにグランプリを追いかけている者にとって11月は、何ともノンビリした毎日となる。世界GPが終わり、全日本も終わった。何もない日々が続く。それは選手たちも同じだ。

 まるで脱け殻のような気分だ。天気のいい日は、窓を開けて外をボンヤリながめ、そして本を読む。読んでは寝る。起きては読む。そんな.....
【ログインして続きを読む】