1993年、125ccクラスは坂田和人がチャンピオン争いをして総合2位。辻村猛が総合3位、上田昇が総合5位、斉藤明総合6位というシーズン。斉藤はラグナセカで行われたアメリカGPの決勝で転倒、怪我をして最終戦を欠場することになった。
1993年、125ccクラスは坂田和人がチャンピオン争いをして総合2位。辻村猛が総合3位、上田昇が総合5位、斉藤明総合6位というシーズン。斉藤はラグナセカで行われたアメリカGPの決勝で転倒、怪我をして最終戦を欠場することになった。
 「近く、上田昇に会いに行くよ」と言うと、受話器の向こうで彼は、「それじゃお母さんによろしく伝えて下さい」と言った。

 9月に行われた第13戦アメリカGPの決勝レース中に激しい転倒をして、2カ月が過ぎた今も三重県津市市内の病院に入院している斉藤明のことだ。先日、用事があったので病院に電話を入れた.....
【ログインして続きを読む】