いくつもの“もし”が脳裏に
第203回
 その日、イモラはポッポリの白い花粉がまるで雪のように舞っていた。タンポポの花が咲いた後、風に飛ばされるあの白い綿帽子によく似たもので、それはイタリアの春の終わりと夏の始まりを告げるものだった。

 僕はタンブレロに向かってコースを歩いていた。たくさんの人が同じように事故現場に向かい、そしてピット.....
【ログインして続きを読む】