第255回
復刻・世界2輪・GPサーカスは1995年を進行中だが、この写真は、おそらく2001年。250ccクラスで大ちゃんこと故加藤大治郎さんとガチンコ対決していたときのものだと思う。飛び魚30年のグランプリ生活の中でも印象深いシーズンだった。
復刻・世界2輪・GPサーカスは1995年を進行中だが、この写真は、おそらく2001年。250ccクラスで大ちゃんこと故加藤大治郎さんとガチンコ対決していたときのものだと思う。飛び魚30年のグランプリ生活の中でも印象深いシーズンだった。
 最終コーナーを立ち上がった原田哲也は、ゴールラインを前に一度だけ後方を振り返るとアクセルを緩めた。そしてチームスタッフに向かって何度も何度も拳(こぶし)を突き上げた。

 その喜びの拳を、サインボードエリアの塀に立ち上がったチームスタッフが、両手を広げ、しっかりと受け取る。チャンピオンを獲得した.....
【ログインして続きを読む】