第256回
この本は、1990年、グランプリを初めて転戦した年に飛び魚が「チーム竹島」のことを書いたものであります。一ヶ月くらいで書き上げ、出版社の担当者に原稿を渡してヨーロッパを転戦していたら、知らないうちに出版されていたのであります。
この本は、1990年、グランプリを初めて転戦した年に飛び魚が「チーム竹島」のことを書いたものであります。一ヶ月くらいで書き上げ、出版社の担当者に原稿を渡してヨーロッパを転戦していたら、知らないうちに出版されていたのであります。
 ドイツGPの舞台となるニュルブルクリンクへ向かっている。ニュルブルクリンクでグランプリが開催されるのは実に5年ぶりとなる。そして、ニュルブルクリンクと言えば、「チーム竹島」を思い出し、そして高田孝慈を思い出す。「チーム竹島」は作家竹島将が興したチームであり、監督は作家の泉優二。そんな異色のチーム.....
【ログインして続きを読む】