ボードマン転倒、骨折
GPサーカス特別編
ツール・ド・フランス。見ている者を、これほど熱く興奮させてくれるスポーツはない。そして、戦う選手たちにとっては、これほど苦しく、長く、つらいレースはない。1990年代、飛び魚はミゲール・インデュラインという選手を見るためにグランプリの合間を縫ってツールを追いかけた。
ツール・ド・フランス。見ている者を、これほど熱く興奮させてくれるスポーツはない。そして、戦う選手たちにとっては、これほど苦しく、長く、つらいレースはない。1990年代、飛び魚はミゲール・インデュラインという選手を見るためにグランプリの合間を縫ってツールを追いかけた。
 胸の前で十字を切り、一日の無事を祈る。うつむいたままじっとスタートの瞬間を待つ選手たち。

 95年ツール・ド・フランスは、雨と風。そして優勝候補のボードマンがスタート地点から3キロで転倒、左足首と右手を骨折するという、波乱で始まった。

 この日のために、ツールのために、一年があったといっても.....
【ログインして続きを読む】