第281回
今回の復刻・世界2輪GPサーカスは、飛び魚が初めて大ちゃんのことを書いたものです(おそらく・・・)。その後、ノリックと大ちゃんはグランプリのスターになっていくのでありました。
今回の復刻・世界2輪GPサーカスは、飛び魚が初めて大ちゃんのことを書いたものです(おそらく・・・)。その後、ノリックと大ちゃんはグランプリのスターになっていくのでありました。
 面白い選手だなあと、その時、僕は思った。全日本最終戦の250ccクラスで2位表彰台に立った加藤大治郎のことだ。何が面白かったのかというと、記者会見の最中、彼は自分がしゃべる時以外、観客スタンドに見入っていたからだ。

 「何を見ていたの?」と会見が終わったあとに聞けば、「いえ、何も・・・。退屈だ.....
【ログインして続きを読む】