原田には手を出すな
第303回
今回の復刻・世界2輪GPサーカスを書いた1996年は、原田哲也さんがアプリリアに乗ることは、とても想像することが出来なかった。写真はアプリリアに移籍して2年目となる1998年の日本GPである。(写真/赤松孝)
今回の復刻・世界2輪GPサーカスを書いた1996年は、原田哲也さんがアプリリアに乗ることは、とても想像することが出来なかった。写真はアプリリアに移籍して2年目となる1998年の日本GPである。(写真/赤松孝)
 「きょうはいいレースができると思いますよ」。マレーシア、インドネシアの2戦ともに原田哲也は、こう言って決勝レースへと挑んでいった。結果は2位と優勝。宿敵M・ビアッジと星を分け合う互角の戦いを見せ、ポイントでも同点で並んだ。

 グランプリにデビューして4年目のシーズン。原田が決勝前に「いいレース.....
【ログインして続きを読む】