約束どおり完走果たす
来年への意欲満々
ファンからのメッセージバナーをもらい喜ぶ琢磨(カメラ=松本浩明)
ファンからのメッセージバナーをもらい喜ぶ琢磨(カメラ=松本浩明)
 いよいよ琢磨にとって初のインディ・ジャパンの日。琢磨効果は絶大? ツインリンクもてぎは朝から多くのファンが詰めかけていた。

 朝のステージ・アピアランスで武藤、ロジャーとともにファンからの応援バナーを受け取り「クラッシュの影響で、体はまだ痛いけど、大丈夫! 決勝は200周走りきりますよ!」と元気に完走宣言だ。

 レースは10番手スタートながら、抜かれたり、抜いたりと出入りの激しいレースだったが12位で完走。オーバルのレースとしては自己最高位だ。「3〜4コーナーを立ち上がってくるたびに、スタンドで応援してくれているのがわかってうれしかった。トップ10に入ることは出来なかったけど、ここまでオーバルで経験してきたことはすべて出せたと思う」と満足げな表情だ。

 レース後、最後のステージに上がり「ちゃんと完走したでしょ? もてぎは本当に難しいコース。レースしてみてその難しさがわかった。来年インディ・ジャパンに帰ってきた時は、もっといいレースが出来ると思うし、武藤選手、ロジャー選手といっしょにインディのレースを盛り上げていければいいと思います」と来年への意欲を語っていた。
レース後、マシンの上で完走の喜びを表す琢磨
レース後、マシンの上で完走の喜びを表す琢磨
ヘルメットを脱ぎ場内の声援に応える琢磨
ヘルメットを脱ぎ場内の声援に応える琢磨
琢磨はレース後にもファンのサインに応えていた
琢磨はレース後にもファンのサインに応えていた
「来年も3人でインディを盛り上げたい!」と語った琢磨、武藤、ロジャー
「来年も3人でインディを盛り上げたい!」と語った琢磨、武藤、ロジャー