昨年初PPの地も「今回は状態ほど遠い」〜カナダ2連戦で挽回
第9戦アイオワ編
どんなに苦しくても上を向き、チームを引っ張る琢磨。次戦トロントは相性が良くないが、それを言い訳にするつもりはない(カメラ=松本浩明)
どんなに苦しくても上を向き、チームを引っ張る琢磨。次戦トロントは相性が良くないが、それを言い訳にするつもりはない(カメラ=松本浩明)
 4戦連続クラッシュと不振の泥沼にはまってしまった佐藤琢磨(35)=レイホール=。今回のアイオワは、昨年PPを獲得したコースだけに期待されたが、状態には雲泥の差があって、なんと予選ブービーの屈辱を受けるはめに。だが、逆境からの立ち直り、どん底での抜けるような明るさが琢磨の真骨頂。完璧ではないマシン.....
【ログインして続きを読む】