でも2位で明るい兆しが見えてきました
「Taku in USA」第7、8戦デトロイト編
「あとちょっとだった」。マシンを降りて悔しがった琢磨(カメラ=松本浩明)
「あとちょっとだった」。マシンを降りて悔しがった琢磨(カメラ=松本浩明)
 開幕から不振に陥っていたインディカーの佐藤琢磨(38)=AJフォイト=が、第8戦デトロイト(5月31日)で2位に食い込んだ。ぬれた路面が徐々に乾く難しいコンディションを味方につけた。琢磨が表彰台に上ったのは2013年第4戦サンパウロ以来、実に2年ぶり5回目。昨年も不運の連続で苦しいシーズンを過ご.....
【ログインして続きを読む】