決勝レースを1周も走ることなく、グリッドから運ばれていくバンドールンのマシン。バーレーンGPのマクラーレン・ホンダを象徴する悲しい光景でした。
決勝レースを1周も走ることなく、グリッドから運ばれていくバンドールンのマシン。バーレーンGPのマクラーレン・ホンダを象徴する悲しい光景でした。
 せっかくなので明るい話題を取り上げたいところなのですが、バーレーンGPの週末は日本人ファンにはなかなか辛いものがありました。ホンダは壊れまくるし、F2開幕戦の松下信治選手は8位14位完走と不本意な結果に終わっています。

 そんな中、フェルナンド・アロンソ選手のインディ500参戦発表は、う?ん一.....
【ログインして続きを読む】