たとえばハミルトンとロズベルグの確執まっただ中の時、ラウダの毒舌が一種のガス抜きとなって、チームの危機を救ったこともありました。
たとえばハミルトンとロズベルグの確執まっただ中の時、ラウダの毒舌が一種のガス抜きとなって、チームの危機を救ったこともありました。
 前戦イギリスGP辺りから、マクラーレン・ホンダをめぐってちょっとした変化が起きています。あれだけ激しかったホンダへの批判が、すっかり影を潜めているのです。

 マクラーレンにとっては自国グランプリでもあったこのレースで、フェルナンド・アロンソは燃圧低下でリタイア。ストフェル・バンドーンは何とか完.....
【ログインして続きを読む】