まだメルセデス製パワーユニットが最強性能を誇っていた1年前のバーレーンGP予選で、フロントロー独占を喜ぶトト・ウォルフとニキ・ラウダ
まだメルセデス製パワーユニットが最強性能を誇っていた1年前のバーレーンGP予選で、フロントロー独占を喜ぶトト・ウォルフとニキ・ラウダ
 2年ぶりのドイツGPは、ものすごい大逆転劇となりました。まさか首位を独走していたベッテルが自滅し、14番手スタートのハミルトンが優勝しようとは。少なくとも僕はスタート直前まで、フェラーリの圧勝に終わると予想していました。前日の予選後、メルセデスのトト・ウォルフが沈痛な表情でこう語ったのも、そう思.....
【ログインして続きを読む】