ルノー「ルーテシア」&プジョー「308」
第22回
ルノー・ルーテシアはもっともベーシックなゼンというグレードに3気筒エンジンを搭載。こちらもターボ付きで排気量0.9リットルとは思えないパワーだ。価格は208万円(カメラ=大谷達也)
ルノー・ルーテシアはもっともベーシックなゼンというグレードに3気筒エンジンを搭載。こちらもターボ付きで排気量0.9リットルとは思えないパワーだ。価格は208万円(カメラ=大谷達也)
 3気筒エンジンを搭載したフランス車が相次いで発売されました。1台はプジョー308、もう1台はルノー・ルーテシアです。

 3気筒エンジンと聞くと、軽自動車用とのイメージが強いかもしれません。小型車は少なくとも4気筒で、3気筒は振動が大きく、がさつな回り方をするので軽自動車くらいにしか使い道がない.....
【ログインして続きを読む】