バーレーンGP編
ライコネンのマシンにはねられて左脚を骨折したピットクルー(AP)
ライコネンのマシンにはねられて左脚を骨折したピットクルー(AP)
 レース中盤の35周目、3番手を走行していたフェラーリのキミ・ライコネン(38)=フィンランド=が2度目のピットストップを行う。タイヤを交換してピットアウトしたが、直後にピットレーンで停止。左後輪が交換されないまま、発進させてしまったからだ。

 そのときに左後輪を受け持っていたピットクルーのフラ.....
【ログインして続きを読む】