アゼルバイジャンGP
メカニックをねぎらう大富豪の父ローレンスさん(右)(尾張正博撮影)
メカニックをねぎらう大富豪の父ローレンスさん(右)(尾張正博撮影)
 前戦の地元カナダGPでF1初入賞したウィリアムズのランス・ストロールが、続くアゼルバイジャンGPで3位に入り、ルーキーイヤーの最年少表彰台(歴代では史上2番目)を獲得した。

 そんなストロールの躍進を支えたのは入念なテストプログラムにあった。現在はシーズン中に現行F1マシンでのテストが規制され.....
【ログインして続きを読む】