自ら志願して日本GPにワイルドカード参戦した岡崎静夏。今後の成長に期待大!
自ら志願して日本GPにワイルドカード参戦した岡崎静夏。今後の成長に期待大!
 2016年は、アメリカ大統領選で民主党クリントン氏が女性初の大統領にギリギリまで迫り、日本では小池東京都知事が誕生するなど、女性の活躍が注目を集めましたね。その年の秋に開催されたロードレース世界選手権(WGP)日本GP(ツインリンクもてぎ)でも、女性たちの奮闘がありました。

 モト3ライダーやワイルドカード参戦組は、仮設のピットでマシンを整備、そこからコースへと飛び出して行きます。そこには21年ぶりに日本人ライダーとしてWGP参戦した岡崎静夏(24)、フル参戦しているマリア・エレーラ(スペイン・19)、メカニックのアドリアーナ・ガイヤルド・モンテス(スペイン・24)がいたのです。
 岡崎への注目度の高さは、本人も驚くほどで、ピット前の柵の向こうには大勢のファンが駆けつけていました。全日本では自らタイヤを運ぶなど、メカニックの手伝いは普通のことですが、この時はスタッフが増員され、ライダーに専念、懸命に挑んでいました。

 「何もかもが新鮮でした。すごい世界なんだと改めて思ったし、ここにいられることに感謝していました。もう、凄すぎて、自分がどうすればいいのかわからなくなってしまったけど、たくさんのヒントをもらったし、たくさんの人の応援で実現出来たモト3参戦の経験を無駄にしたくないと強く思いました」

 岡崎が懸命に叩き、開けたモト3の扉は、彼女にたくさんの課題を与えてくれたようでした。彼女の言葉通りに、全日本ロードレース選手権の最終戦鈴鹿では、明らかにモト3参戦前と違う彼女がいました。
WGPモト3クラスにフル参戦しているマリア・エレーラ。”スピード大好き”という根っからのライダー気質
WGPモト3クラスにフル参戦しているマリア・エレーラ。”スピード大好き”という根っからのライダー気質
 マリアはモトGPライダーのアルバロ・バウティスタの家がお隣さんという環境で育ったそう。「子供の時から家族同士で仲が良いの」とバイクがとても身近にあり、4歳でバイクに乗り始めると7歳でレース開始。そこからはレースに夢中になり、2015年にモト3参戦を開始。2016年には遂に自らのチーム「MH6」を結成してモト3参戦するまでになりました。

 「スピードが好き、特に高速コーナーを攻めている時が最高に楽しい。しっかりポイントを取れる走りをして上位に食い込んで行きたい。私だって出来るってことを示したいと思っている。夢は、もちろんモトGP。いつか、絶対に叶えたい」

 メカニックとミィーティングする姿は真剣そのもので、声をかけるのをためわれます。彼女のために働くメカニックたちが、まるで女王様に仕える家来のように見えるほど、その姿には威厳がありました。ですが、一旦ピットから出てきた彼女は、笑顔が可愛い19歳の女の子。「バイクが中心の生活だけど、乗れない時はジムに行く。サッカーもする。自転車にのるのも好き」と、趣味は身体を動かすことだと教えてくれました。「もてるでしょう」と聞くと「どうかな? 皆に見られているのは感じるけど…」とはにかんでいました。
メカニックとして働くアドリアーナ・ガイヤルド・モンテス。WGPでは唯一の女性メカニック。
メカニックとして働くアドリアーナ・ガイヤルド・モンテス。WGPでは唯一の女性メカニック。
 モト3の走行スケジュールに合わせてマシンを調整するメカニックは大忙しで、休む暇なく作業を繰り返しています。メカニックのアドリア―ナさんは、小柄な可愛い女の子で、タイヤウォーマーや工具を抱え、忘れ物はないかチェックをして、モト3のダリン・ビンダーと一緒にピットロードに向かいます。彼女のキビキビした動きに目を奪われました。

 「スペインではレースはとても人気があります。友達はライダーに憧れて応援していたけど、私はメカニックが素敵だと思いました。一緒にレースをみていた親戚の女の子(アラ・ソト)と、将来はメカニックになりたいと約束したの」

 学校を卒業するとFIM CEV レプソルカップでメカニックデビュー、そして憧れのWGPのメカニックになりました。「メカニックになるというのが夢だったから、叶えることができてとても嬉しい。夢のよう。バイク整備が好きだし楽しい。今はシャーシ担当だけど、将来的にはエンジンも任せてもらえるようになりたい」

 一緒にと約束した親戚のアラも、メカニックとして国内戦で働いているそう。モトクロスにも女性メカニックがいるそうですが、WGPでは唯一の女性メカニック。

 レースの現場にはマネージメントやPR、ヘルパーとて働く女性が多くいて、レースを支えていますが、ライダーやメカニックは、まだまだ少数派。それでも、尻込みすることなく夢を叶える彼女たちの前向きが姿勢から、たくさんのエネルギーをもらった日本GPだったのです。
キビキビとマシンを運ぶその姿に目を奪われました
キビキビとマシンを運ぶその姿に目を奪われました