昨年12月に開催されたマレーシア・セパン8時間耐久ロードレースは、2019−2020年世界耐久選手権シリーズ(EWC)第2戦であると同時に、最終戦・鈴鹿8耐への参戦権をかけたトライアウトも兼ねていました。2020年鈴鹿8耐に参戦するには、2019年鈴鹿8耐でシード権を獲得しているか、1stステージ、2ndステージ、FINALステージと順に開催されるトライアウトで参加資格を獲得する必要があるのです。

 その1stステージがセパン8耐。日本からエントリーした10チーム中、EWCフル参戦のTSR、鈴鹿8耐シード権を持つTONEを除く8チームが、鈴鹿8耐出場権の獲得を目的に参戦しました。
参戦した日本チーム
#5 F.C.C. TSR Honda France
#10 KRP SANYOKOUGYOU & will raise RS−ITOH
#17 TEAM SUGAI RACING JAPAN
#27 TransMapRacing with ACE CAFE
#28 Team Kodama
#51 T.MOTOKIDS icu Takada I.W NAC SANYO
#69 Yamashina Kawasaki KEN Racing & Auto Race UBE
#73 TEAM PLUSONE JPN
#80 TONE RT SYNCEDGE 4413 BMW
#88 Honda Asia−Dream Racing with SHOWA
奮闘!トライアウト
 2位に大躍進したのはHonda Asia−Dream Racing with SHOWA。玉田誠が監督を務めるチームで、ライダーはザクワン・ザイディ、アンディ・イズディハール、ソムキャット・チャントラ。モト2のチャントラは、最終予選トップ10トライアルでモトGPライダーのフランコ・モビリデリに続く2番手タイムを記録して大注目を集めます。決勝レースはアジアロードレース選手権に参戦するザクワンが健闘、表彰台では笑顔がはじけていました。

 TEAM PLUSONE(BMW)は、トップライダーの関口太郎、酒井大作、名越公助のラインアップ。関口と酒井は昨年の鈴鹿8耐以来の参戦で「お世話になったプラスワンへの恩返し」だと言います。名越は、弟が昨年の全日本JGP2チャンピオン哲平というサラブレッド。兄は弟より速いと言う関係者もおり、その成長に注目が集まる逸材です。「関口さんや大作さんからのアドバイスを聞いて、1ラップ1ラップ学んで成長したい」と語り、力を合わせ予選28番手から11位と躍進しました。


 13位には、2度の転倒がありながらもF.C.C. TSR Honda Franc(ホンダ)が入り、15位にはTONE RT SYNCEDGE 4413 BMW。SSTクラス3位に食い込み、表彰台に登りました。22位にはTeam Kodama(ヤマハ)、児玉勇太と徳留和樹が入りました。

 23位はKRP SANYOKOUGYOU & will raise RS−ITOH(カワサキ)、予選後の車検でペナルティが課せられて最後尾スタートながら、柳川明が怒涛の追い上げを見せ、伊藤和輝につなぎ、井筒仁康がチェッカーライダーをつとめ、追い上げました。井筒はラストランに「このチームで締めくくることができて、また柳川と伊藤と走ることができて良かった」と語りました。
 TEAM HANSHIN  RIDING SCHOOL(カワサキ)は、東村伊佐三が走行初日に転倒しケガを負ったことで佐野勝人、岡村光矩の2人体制で挑みました。佐野は3歳からレースを始め、鈴鹿レーシングスクール出身という王道を歩んできたライダーで、「チーム一丸となって勝ちを目指すのがレースの魅力」と挑戦を続けています。兄・優人もライダーで、ふたりともアニマルプリントのインナーがトレードマーク。獰猛な走りが魅力です。

 勝人は「兄弟ふたりでやってきて、挫折もあったけど、諦めない気持ちで刺激し合って頑張ってきた。兄はいつも自分の前を走っていて、一番勝ちたい存在」と語っていました。その兄の前を走ったのが、昨年の全日本ロード最終戦鈴鹿ST600クラス。勝人は4位に入り、0.284差で5位優人を上回りました。勝人は「気合の証だと思う。あのバトルで自分を知ってもらえたなら嬉しい」と、その勢いのままセパン入りしました。

 岡村は、今年で全日本ロード参戦10年目。「関口さんや、出口修さん、酒井大作さんのように、長く走り続けるライダーでいたい」と、しっかりと全日本に根を下ろし戦い続けています。決勝レースでは予選30番手から追い上げ、26位でチェッカー。佐野は「鈴鹿8耐でも存在感と示したい」と語りました。

 29位はT.MOTOKIDS icu Takada i.W NAC SANY(ヤマハ)。続く30位は、女性ライダーで注目を集めた平野ルナが所属するTransMapRacing with ACE CAFが入りました。32位にYamashina Kawasaki KEN Racing & Auto Race UBE(カワサキ)。40位にTEAM SUGAI RACING JAPA(アプリリア)が入り、トップチームの周回数から85%という鈴鹿8耐トライアウトの条件を全チームがクリアし、鈴鹿8耐参戦権を得て帰国しました。

 次なるトライアウトの舞台は4月5日開催の鈴鹿2&4になります。
〇番外編
 セパン8耐は、4輪レースと併催だったのですが、そこに1994年〜1998年ロードレース選手権500の王者、ミック・ドゥーハンを発見、息子のジャックが参戦する4輪レースを応援に来ていたのです。「ミックさ〜ん」とカメラを持って追いかける私にジャックが気が付いてくれてパチリ。ロケーションはプレスルーム横の階段という味気ない場所でしたが、オーラ変わらずでした。ジャックは4輪界で躍進して親子で世界チャンピオンとなる夢を追い掛けているのです。素敵です。