第168回
 2018年ホンダF1活動に再び暗雲が漂い始めている。今年はマクラーレンが“3年目の浮気”に走ったが、どうやら元の鞘(さや)に収まりそうな状況に落ち着きつつある。一方で、今年5月に“紙っペラ1枚で”発表されたサウバーに対するホンダのパワーユニット(PU)供給は、モニシャ・カルテンボーンに代わって同.....
【ログインして続きを読む】