第209回
 2018−19シーズン世界耐久選手権(WEC)開幕戦(ベルギー・スパフランコルシャン)は、大方の予想どおりトヨタ・ガズー・レーシングの独壇場だった。ポールポジションを獲得した7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス組)は、くっだらない規則違反で1周後れのピットスタート・ペナル.....
【ログインして続きを読む】