第234回
 全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)が現行車両(SF14)になって、タキ井上は初めて生のレースを鈴鹿サーキットで観戦した。4年間もタイトルを取れなかったホンダがSF14最後の年にチャンピオンを獲得できた理由として、やはり山本雅史モータースポーツ部長をリーダーとしたモータースポーツへの取り組み.....
【ログインして続きを読む】