第274回
 2019全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)は、5戦を終えて優勝ドライバーが5人という結果となった。開幕戦からウイナーを順に振り返ると、ニック・キャシディ(トムス)、関口雄飛(インパル)、山本尚貴(ダンディライアン)、アレックス・パロウ(ナカジマ)、平川亮(インパル)という顔ぶれである。

.....
【ログインして続きを読む】