Cool Japanコンテンツとして、世界的な人気の広がりを見せるドリフト競技は、現在、世界40数か国で大会が開催され、2016年にはFIA(国際自動車連盟)がドリフトを正式にモータースポーツ競技に位置付けました。
 私も、今季は中国・珠海の「ZIC Circuit Hero Drift Battle」にシリーズ参戦中ですが、さる5月20日、21日には、北京で開催されたD1グランプリシリーズ in チャイナの開幕戦を視察しました。
 この開幕戦では、中国勢は43名、日本・タイ・アメリカ・イギリスなどから招待選手11名、合わせて54台がエントリー。
 結果は、他の日本人ドライバーがマシントラブルなどで大苦戦する中、川畑真人選手が見事優勝、それを観ながら、私もぜひこの中で戦いたいとの想いを一層強くしました。
 そして、次は私自身が「ZIC Circuit Hero Drift Battle第2戦」(中国・珠海、6月16日〜18日)で戦います。

 今季は、私自身が中国のドリフト大会に参戦しながら、まだあまり日本に知られていない中国のモータースポーツ事情を皆さんに報告して行きたいと思っています。