「子どもたちに夢を」 と「かつてのスーパカーブームを再び!」をテーマに6月2日〜4日に北九州市で開催された「メガスーパーカーモーターショー」。60台、総額25億円ものスーパーカーたちの中で、今回はこのショーの主役となった3台のスーパーカーをご紹介します!

 まずは会場でひときわ異彩を放っていたのが〈ケーニグ セ アゲーラ RSR〉。世界で3台のみ限定生産されたうちの1台。最高出力1160馬力、 5000CC・V型8気筒ターボエンジを搭載した、まさに公道を走るレーシングカー。
 そして会場中央に鎮座した〈ブガッティ ヴェイロン グランスポーツヴィテッセ〉。ヴェイロン最終モデルで日本に正規納入された 2台のうち1台。シリーズ最高出力・性能を有し、来場者からは「これが3億円のクルマか〜」という感嘆の声が漏れていました。
 こちらが〈「ケン・オクヤマ」 コード57 ENJI 〉。そのフォルムはまさに芸術!エンツォ・フェラーリのデザイを手掛けた奥山清行氏が製作されたワンオフのスーパーカー!
 イベント最終日には奥山清行さんも来場され、トークショーにも出演頂き、またそのエキゾーストサウンドも聴かせて頂きました。この日会場にいらした方はラッキーでしたね。
イベントステージを盛り上げてくれたスペシャルゲスト「サイバージャパンダンサーズ」のメンバーたちとぱちり。
イベントステージを盛り上げてくれたスペシャルゲスト「サイバージャパンダンサーズ」のメンバーたちとぱちり。
 また、芝浦グループホールディングが来場者に大好評だったエキゾーストサウンドのライブパフォーマンスの映像が公開されていますので、ぜひその音と会場の熱気を感じて頂けたらと思います。

 スーパーカーたちの美しい姿に加え、大迫力のサウンドは来場された方々の素敵な思い出になったと思います。

 「メガスーパーカーモーターショー2017」アンバサダーの塚本奈々美でした。
M1チャンピオン、パンクブーブーの佐藤哲夫さんもTV番組「土曜もアサデス。」のレポーターとして来場。イベントを主催された芝浦グループホールディングの新地哲己会長と記念撮影していましたよ。
M1チャンピオン、パンクブーブーの佐藤哲夫さんもTV番組「土曜もアサデス。」のレポーターとして来場。イベントを主催された芝浦グループホールディングの新地哲己会長と記念撮影していましたよ。
YouTube公式チャンネル【メガスーパーカーモーターショー2017】エキゾースト サウンドライブ ブガッティ メルセデスマクラーレン
YouTube公式チャンネル【メガスーパーカーモーターショー2017】エキゾースト サウンドライブ ランボルギーニ サプライズ