<塚本奈々美が聞く> 第2回
生駒淳選手と「ベルタ バーリゾート」にて
生駒淳選手と「ベルタ バーリゾート」にて
 由比ガ浜の海の家「ベルタ バーリゾート」は、最近はいろいろなメディアやイベント、そしてスポンサーがコラボした素敵な海の家が人気ですが、この「ベルタ バーリゾート」は、由比ガ浜でもベストなロケーション、そして店内もおしゃれにリゾート気分を満喫できる、私も大のお気に入りのお店です。

 そして、今回このお店にお迎えしたのは、ジェットスキーのプロライダー、チーム「YAMAHA WAVE RUNNER SINGHA JAPAN」の生駒淳選手 #86 (JJSF日本ジェットスポーツ連盟所属)。

 <塚本奈々美が聞く>2回目は、素敵なリゾートで海を観ながら生駒淳選手からお話を伺いました。

  ◇ ◇ ◇
バルコニーからは江の島が一望、やっぱり生駒選手には海が似合う
バルコニーからは江の島が一望、やっぱり生駒選手には海が似合う
 塚本奈々美「まずは、早くも2017年度のシリーズチャンピオン獲得、おめでとうございます」

 生駒淳「ありがとうございます。今年JJSF最高峰のプロランナバウトオープンクラスに出場し、第2、3、5、7戦で優勝、9月に大阪で最終戦を残していますが、総合ポイントで2位と35ポイント以上離れていますので、最終戦を待たずに、2017年度のプロランナバウトシリーズチャンピオンに返り咲く事ができました」

 生駒「私は元々サーフィンをやっていて、友達のお父さんの影響でジェットスキーをやりはじめたんです。最初は1人乗りジェットで飛んだり潜ったりする『フリースタイル』をやっており、その様子をYouTubeにアップしたら、海外からレースに出てみないかという誘いがあり、ジェットレースに出るようになりました」

 塚本「出場されているシリーズ戦について教えて下さい」

 生駒「JJSFでは、4月の大阪・二色の浜での第1戦を皮切りに、5月〜7月は愛知県・蒲郡、そして9月17−18日、最終戦として再び大阪・二色の浜で行われ、全8戦で毎年熱いバトルを繰り広げてます。1人で乗るSKIクラスから、3人乗りの大きなPWCを使用するランナバウトクラスまであり、改造もノーマルクラスからオープンクラスまであります。大会は海にコース的に浮かべたブイを16台のマリンジェットで8周回り、誰が一番早くゴールするかと言うタイムレースになります」
チャンピオン獲得を祝い、みんなで乾杯〜!
チャンピオン獲得を祝い、みんなで乾杯〜!
 塚本「私も今年1月の東京オートサロンTONEブースでマシンを見させて頂きました」

 生駒「私が使用しているマシンは、YAMAHAのマリンジェットFZRで1800ccのエンジンにターボチャージャーを付け、500馬力以上、最高速は140km以上になります。大会は海が多いので、波の中を140km近くの速度で走るのは非常に難しく、マシンにもかなりの負担が掛かります。私のチームはTONE TOOLを使い、マシンを完璧に整備、確実にゴールする事を最優先に頑張ってきた結果、今季のシリーズチャンピオンになる事ができました」

 塚本「ぜひ多くの方にジェットスキー競技を知ってもらえればいいですね」

 生駒「まだ年内は国内外のレースが残っており、引き続きがんばって行きますので、応援よろしくお願いします。また皆さんにも、ぜひこの夏にジェットスキー体験してもらい、私たちのレースにも興味を持っていただけたら嬉しいですね。今日はこんな素晴らしいお店に呼んで頂き、ありがとうございました」
今季は既に何度もポディウムの真ん中に立っている
今季は既に何度もポディウムの真ん中に立っている
 マリンスポーツ大好きな私も生駒選手の活躍に注目し、応援して行きますよ。

 生駒選手とのトークは「レーサーリンク」でムービーでもご覧頂けますので、ぜひそちらもアクセス下さい。
トップを走る生駒選手の勇姿
トップを走る生駒選手の勇姿
「レーサーリンク」でも動画インタビューしました
「レーサーリンク」でも動画インタビューしました