<塚本奈々美が聞く> 第3回
日比野がロシアから、塚本は中国からそれぞれ帰国した翌日、六本木で対談が実現。ドリフトの魅力を世界発信する二人だ
日比野がロシアから、塚本は中国からそれぞれ帰国した翌日、六本木で対談が実現。ドリフトの魅力を世界発信する二人だ
 日本発祥のドリフト競技は、世界40数ヶ国で人気を博しています。その競技者人口は220万人超と言われ、今や「 峠」(TOGE)も世界共通語となっているんです。

 そして、2016年にはFIAがドリフト競技を正式にモータースポーツ競技に位置付けることを決定。そんな中、早くから世界を股にかけ実績を残しているトップドリフターの一人、日比野哲也選手にお話を伺いました。

  ◇ ◇ ◇
D1ロシアでもポディアムの真ん中に立つ。ロシアでの日比野の人気は絶大だ
D1ロシアでもポディアムの真ん中に立つ。ロシアでの日比野の人気は絶大だ
 塚本奈々美「D1 PRIMRING戦(ロシア・ウラジオストク)で単走優勝され、昨日ロシアから戻られたそうですが、これで今季はD1GP第3戦(筑波)、D1中国第3戦(合肥)、そして今回のロシアと3か国で単走優勝を果たしていますね。素晴らしい〜!」

 日比野哲也「塚本さんも昨日まで中国・珠海にいて、ZICスーパーヒーローでベスト4入りされたそうですね」

 塚本「世界で最もレベルの高い戦いが繰り広げられている日本のD1GP、その独自なマシン規定の中で勝つためには、より軽量なマシン、よりハイパワー、よりハイグリップなタイヤが必要となってますね。」

 日比野「D1GPで勝つためには、1トン以下、1000馬力以上のクルマが必要と言われてます。今季、S2000を相棒に選んだ理由は大幅な軽量化が期待できたから。このS2000という選択は正しく、シェイクダウンと同時のデビュー戦となったD1GP第3戦(筑波)で単走優勝出来ました。しかしシリーズチャンピオンへの道は
そう簡単ではない… 筑波のようなレーシングコースでは抜群のパフォーマンスを見せれたものの、D1GPでは路面の悪い特設コースもあり、今はどんな路面でも戦える足回りの開発中です」
筑波にて「GULF ZESTINO S2000」、エンジン: 2JZ  700馬力、ミッション  TTIシーケンシャルミッション
筑波にて「GULF ZESTINO S2000」、エンジン: 2JZ 700馬力、ミッション TTIシーケンシャルミッション
 塚本「中国では左ハンドルのBMWで戦っていますね」

 日比野「中国では元々0−400レースで使用されていたBMWをD1車両に改造。850馬力、3.4Lの2JZエンジンに車重1200kg、そして左ハンドルと、決して有利なマシンとは言えません。ドリフトではシフトやサイドレバー操作が非常に多く、またマシンとマシンの寸止め格闘をする追走では左ハンドルは左右逆の操作で行わないといけないむつかしさがありますが、9月2日のD1中国 合肥大会では単走優勝出来ました」
中国・合肥にて「新亚九龙峪车队 GULF BMW」、エンジン: 2JZ  900馬力、ミッション  TTIシーケンシャルミッション)
中国・合肥にて「新亚九龙峪车队 GULF BMW」、エンジン: 2JZ 900馬力、ミッション TTIシーケンシャルミッション)
 塚本「そして、今回のロシア大会での優勝ですが、日比野選手はロシアでの人気も大変高いですね」

 日比野「2015年にRDS(ロシアドリフトシリーズ)全6戦すべてで勝って完全優勝、シリーズチャンピオンになって、ロシアでのドリフト普及に少しは貢献出来たかなと思ってます。今では、ロシアでも中国同様にドリフト熱が高まってます。9月16日にはロシアで8連勝したトヨタスープラで、最新のD1GPマシンを相手に単走優勝することが出来ました」

 塚本「違った特性を持つ車種で3か国で優勝って、凄いことですね。最後に日比野選手にとっての<運転>とは何か、伺いたいと思います」

 日比野「自分は車の出来ることを最大限に引き出す事を常に考えて操ってます。なのでドリフト、グリップと分けて運転している訳ではありませんし、自分の運転方法はどんな競技にも活かされると思っています。それを次世代のドライバーに伝えたくて定期的に少人数制で【日比野塾】を開催し、みんなでトレーニングしています。目標は【日比野哲也流の運転技術】を世界に広めることです!興味のある方はぜひ参加下さい」
ロシア・ウラジオストクにて「GULF ZESTINO SUPRA」、エンジン: 2JZ  750馬力、ミッション  ホリンジャーシーケンシャルミッション
ロシア・ウラジオストクにて「GULF ZESTINO SUPRA」、エンジン: 2JZ 750馬力、ミッション ホリンジャーシーケンシャルミッション
 そして、塚本からもお知らせです!9月30日(土)〜10月1日(日)にお台場で開催される「FIAインターコンチネンタルドリフティングカップ2017」の会場内特設コースで、『塚本奈々美に挑戦! GR Garage AUTO TEST in 台場』が開催されます。

 参加応募はこちらのサイト(https://motor-fan.jp/article/10001093)から。

 当選された方はFIAインターコンチネンタルドリフティングカップのチケットももらえます!
日比野は塚本の日本と中国のドリフトシリーズではスポッターをつとめる
日比野は塚本の日本と中国のドリフトシリーズではスポッターをつとめる