表彰台にて、あわネコレーシング、左からサリア、美咲、奈々花、奈々美
表彰台にて、あわネコレーシング、左からサリア、美咲、奈々花、奈々美
 欧州や中国では、自動車はEV(電気自動車)のほうに向けて進んでいます。私が部長をつとめる女子カート部は早くからEVレースに力を入れてきましたが、この度、シュアラスターさんの社会貢献活動『SurLuster Kids』とそのプロモーションキャラクター<あわネコ>とのコラボ企画「あわネコレーシング」として、EVレース活動をさらに充実させて行くことになりました。
スタートは4番グリッド、スタートドライバーは才色兼備のサリア、ミスコン日本代表も狙う歯学部の学生です。
スタートは4番グリッド、スタートドライバーは才色兼備のサリア、ミスコン日本代表も狙う歯学部の学生です。
 <あわネコレーシング>としての本格的な活動のスタートを記念して、11月3日の第23回ジャパンEVフェスティバル2017(筑波)に、わたし塚本奈々美とサリアが出場。見事ERKクラスで優勝し、「あわネコレーシング」が幸先よく日本チャンピオンになりました。
日本EVクラブ・舘内端代表理事から「速く走るのは実は理想的なエコ走行」とお褒め頂いた奈々美の走り
日本EVクラブ・舘内端代表理事から「速く走るのは実は理想的なエコ走行」とお褒め頂いた奈々美の走り
 このレースでは、5回のピットインとドライバー交代が義務付けられ、サリアが1、3、5スティントを担当、わたしが2、4、6スティントを走りました。
ドライバーのみならず、ピットとの連携が勝利のカギ、燃費ならぬ「電費」を緻密に計算してピットインし、スムーズなドライバー交代。
ドライバーのみならず、ピットとの連携が勝利のカギ、燃費ならぬ「電費」を緻密に計算してピットインし、スムーズなドライバー交代。
 シュアラスターさんは、わたしがアンバサダーをつとめるコンパスナビ(http://compass-navi.or.jp/)の活動主旨に賛同されて、『SurLuster Kids』を通して、得られた事業収益の一部を継続的に寄付、児童養護施設や里親の元で育った子供たちが必要としている就学・就職・免許取得支援に協力されることになりました。

 今回のレース会場にもコンパスナビ関係者に来ていただき、あわネコレーシングの応援や、写真撮影にご協力いただきました。
レース中盤、給油ならぬバッテリー交換するのはEVレースならでは
レース中盤、給油ならぬバッテリー交換するのはEVレースならでは
 今後とも環境にやさしいEVレースでリーダー的な役割を果たしつつ、シュアラスターさんの社会貢献活動『SurLuster Kids』にも積極的に寄与していければと思っています。

 <あわネコレーシング>はリーフチャンピオンレース2017にも参戦中。来る12月3日の今季最終戦(筑波)にはサリア、美咲が出場致します。今後の<あわネコレーシング>にぜひご注目下さい。
優勝カップを手にインスタ用の自撮り中の奈々美とサリア
優勝カップを手にインスタ用の自撮り中の奈々美とサリア