チーム「SPEEDSTER」(SPVレーシング)、右から稲田社長、日比野、塚本、松井さん(アミューズ)の面々
チーム「SPEEDSTER」(SPVレーシング)、右から稲田社長、日比野、塚本、松井さん(アミューズ)の面々
 D1GPドライバー日比野哲也選手と私、塚本がレジェンドカーレース150分耐久(11月19日、筑波)にチーム「SPEEDSTER」#100(SPVレーシング)として参戦、準優勝を果たしました。

 日比野選手はスプリントレースとして行われた開幕戦と2戦目(筑波)で2戦連続ポールトゥウィン(3戦目、4戦目は悪天候で中止)。この耐久戦でも2位に入り、同レース開催初年度のシリーズチャンピオンに輝きました。
グリッドはポールポジション、第1、第3スティントを日比野、第2スティントを塚本が走行
グリッドはポールポジション、第1、第3スティントを日比野、第2スティントを塚本が走行
 レジェンドカーレースは1992年にアメリカで誕生したワンメイクレースで、今では全米に加え、カナダやヨーロッパ各国、メキシコ、オーストラリアなどでも盛んに開催されています。

 レジェンドレースカーは、そのユニークな見た目とは裏腹に、力強い走りを見せるレーシングマシン。2017年にJAF公認車両として承認を受けています。ガソリン満タン時でも車重はたったの500kg弱、ヤマハの1250ccバイクエンジンに5速シーケンシャルミッションというマシン仕様を聞き、私もすごく興味を持っていました。
軽量ながら大迫力の走りが魅力のレジェントレースカー
軽量ながら大迫力の走りが魅力のレジェントレースカー
 そんな中、普段ドリフトチーム「頭文字DアゾンWAKO’S」で指導していただいている日比野選手に、今回の150分耐久でパートナー指名を受け、第2スティントを走りました。数時間の練習の後、レース本番はVITAとの混走で開催されたこともあって、色々と戸惑い、チームには迷惑をおかけしましたが、大変良い経験となり、また大変楽しめました。
ドライバー交代でいよいよ私の出番だ
ドライバー交代でいよいよ私の出番だ
 予選では開幕・第2戦に続きポールポジション。決勝の150分では給油のタイミングが順位に大きく関わることもあって、給油ピットが空いてるタイミングを計ってスティントを伸ばしましたが、第一スティントのピットイン寸前でガス欠、順位を落としてしまいました。

 その後の第2スティントを塚本が走り、最終第3スティントでは日比野選手が自己ベストを何度も更新し、順位の挽回したが、惜しくも2位でゴールインとなりました。
初めてのレジェンドカーレースで表彰台獲得は嬉しかった
初めてのレジェンドカーレースで表彰台獲得は嬉しかった
 楽しいレースに参加させていただいたSPVレーシング、サポートしてくださったアミューズ、そして日比野選手に感謝したいと思います。

 今後、SPVレーシングでは、このレジェンドカーのレンタル制度も取り入れ、より多くの方がさらに気軽参戦できるようにされるとのこと。皆さんも是非一度チャレンジしてみてください♪ ご興味のある方はSPVレーシングまで。

 (TEL 044−246−6424 担当:稲田)
来季は日比野さん、私塚本ともにドリフトとスプリント両方の活動をさらに充実させたいとの想いが強い
来季は日比野さん、私塚本ともにドリフトとスプリント両方の活動をさらに充実させたいとの想いが強い