いよいよ今季のモータースポーツシーズン到来、レーシングカーのエンジン音がすぐ近くに聴こえてきそうです。そんな中、3月1日のネッツトヨタ東京 2018年モータースポーツ活動発表会に出演しました。

 その出演メンバーが豪華なこと!そして毎年その活動内容も充実して来ていると実感しました。たっくさんのメディアにも来ていただきました!
 今季はTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceプロクラスに脇阪寿一選手が3年目の参戦、

 そして、なんと長野五輪金メダルの清水宏保選手が、TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race関東シリーズに出場します。
 私、塚本奈々美は2013年〜2017年まで86/BRZレースに参戦していましたが、今季はTOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジに、頭文字Dの<真子>86で参戦します。

 コ・ドライバーにはパリダカ参戦経験を持つ寺田昌弘選手を迎え、「2019年 WRCを日本に」の合言葉とともに、ラリーに初挑戦です。

 これまでのレースとドリフトの経験をどうラリーで活かしていけるか、今から4月22日の開幕戦(東日本第1戦長野八ヶ岳茅野大会)が待ち遠しいですね。
 さらに、社員ドライバーの水谷大介選手がTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceクラブマンクラス、長山等選手がTOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race関東シリーズ参戦します。
 ネッツ東京ではこうした競技への参加だけでなく、ファミリー層向けのイベントや各レースの観戦ツアーなどを開催し、モータースポーツやクルマの魅力を発信して行きます。どうぞ今季のネッツ東京レーシングの活動にご注目下さい!