アニメ「頭文字D(イニシャルD)」の舞台となった群馬・榛名山(コミックでは秋名山)のふもとのレーシングカフェ「D’zgarage」の2周年感謝祭が3月18日、群馬県渋川市のグリーン牧場で開催され、私塚本奈々美がドリフトパフォーマンスをディレクションさせていただきました。
 頭文字Dに登場する佐藤真子が駆るインパクトブルーのシルエィティを私が、そして高橋啓介のコンペティションイエローマイカのFD3SをD1ドライバー日比野哲也選手がドライブ。トークショーでは“イニD”あるある話で盛り上がりました。
 昔からこうしたドリフトイベントをプロデュースしてみたいと夢見ていた私としては、今回頭文字Dに登場するクルマたちによるパフォーマンスの実現は本当に嬉しかったですね。

 今回はシルエイティに加え、今季私がTGRラリーチャレンジで乗る<真子バージョン>トヨタ86も展示させて頂きました。この86で6月の渋川大会に出場します。
 イニDファンにはよく知られていますが、コミックの中で真子が池谷先輩と待ち合わせする場所が峠の釜めし「荻野屋」横川店、そのご縁で荻野屋さんに今季の私のモータースポーツ活動をサポートいただくことになりました。

 荻野屋の高見澤志和社長にもご挨拶させていただきました。今後のコラボをぜひお楽しみに。
 今後はぜひレーシングカフェ「D’zgarage」さんら群馬の皆さんと、頭文字Dの聖地を盛り上げて行ければと思っています。