ドリフトキングダム第2戦3月24日@日光
ドリフトキングダム第2戦3月24日@日光
 3月24日、ドリフトキングダム第2戦が開催されました。会場の日光サーキットは、走る度に上達するためのヒントが見つかる、私にとって特別なサーキット。比較的簡単なレイアウトで車を壊す可能性が少なく、ドリフト愛好者の間でも人気のサーキットですが、同時にこのコースで100点の走るをすることががどれだけ難しいのか、大会に出場する度に痛感します。
大会パンフは私の「えっくす☆きゅーと」号!
大会パンフは私の「えっくす☆きゅーと」号!
 今回は練習から大きなミスはなかったものの、本番では全ての力を出せず、1本目は99点。

 2本目で走りを改善し、いい感じだったものの、2速を弾き返されてミスとなりました…。1本目の得点で何とかベスト16には残りましたが、悔しい想いが残ります。
毎戦ベストモータリング「リアル真子 塚本奈々美スタイル」で配信
毎戦ベストモータリング「リアル真子 塚本奈々美スタイル」で配信
 追走では、単走2位通過の選手と当たり、ギリギリの判定で勝ち上がり、少し勢いがついたように感じました。

 ベスト8の相手は開幕戦で優勝し、ノリに乗っている選手。その選手とサドンデスまで持ち込むことができましたが、追走の引き出しは相手が一歩上でした。
追走決勝ベスト8の走り
追走決勝ベスト8の走り
 それでも大会終了後には土屋圭市審査委員長に「いや〜、奈々美はうまくなったよ」とお声掛け頂き、収穫の多い、次につながる大会となりました。次戦は5月12日の第3戦、名阪大会(奈良)です。
この日会場が一番湧いたと言われたシーンです
この日会場が一番湧いたと言われたシーンです
 開幕戦(筑波)のムービーがベストモータリング「リアル真子 塚本奈々美スタイル」でご覧頂けます。
審査委員長の土屋圭市さん、スポッターの日比野哲也さんと
審査委員長の土屋圭市さん、スポッターの日比野哲也さんと