左から、塚本奈々美、モリゾウ選手=豊田章男社長、コドラの寺田昌弘選手
左から、塚本奈々美、モリゾウ選手=豊田章男社長、コドラの寺田昌弘選手
 この度、私塚本奈々美は「日本のまんなか・しぶかわ観光大使」を拝命しました!

 群馬県渋川市を舞台とした「頭文字D」の映画化で、私がアンバサダーを務めたことがご縁となって今回のお話をいただき、大変嬉しく思っております。
あじさいと86、私のお気に入りの写真です
あじさいと86、私のお気に入りの写真です
 今回は世界的なラリーイスト・新井敏弘さん(群馬県出身)と一緒に大使就任ということになり、恐れ多く思いながらも、とても光栄です。

 高木勉・渋川市長から大使委嘱状をいただいた翌日(6月24日)に、TGRラリーチャレンジ渋川大会本番を迎え、「リアル真子」そして「しぶかわ観光大使」として渋川を走ることができて、感激もひとしおでした。
大使委嘱状授与式にて高木勉渋川市長と
大使委嘱状授与式にて高木勉渋川市長と
 ラリーならではのセレモニアルスタートで、観客とハイタッチしながら出発!

 しかし、SS1でいきなりトラブルが発生し、私たちの前走車が走行不能に。ラリーのルールでは後続車らが救助を行うことになっており、私たちが救助にあたりました。ただ当然このセクションはタイム計測されずに記録ナシに。オフィシャルの判断による独自の計算で仮想タイムが加算されました。

 こうしたトラブルはあったものの、午前の部はSS2ではクラス5番手タイム、SS3では3番手タイム、そして
ランチタイムは「荻野屋」さんのあの峠の釜めしでしっかり腹ごしらえ!

 この「真子バージョン」釜飯は、私がプロデュースさせていただきました。今ではコミックの聖地の一つになっている荻野屋横川店の駐車場看板前の真子と、シルエイティをこの掛け紙用にオリジナルで描き下ろしていただきました。真子は私の写真をもとに描かれてます。
会場でも評判だった荻野屋・峠の釜めし「真子バージョン」
会場でも評判だった荻野屋・峠の釜めし「真子バージョン」
 たくさんの応援を受けて、午後の部も走り終えて無事完走〜。2回目のラリーの結果はクラス5位と入賞を果たすことができました。新井敏弘さんから「奈々美ちゃん、ラリーをやっておくとサーキットでの走りに余裕ができるよ」と伺い、確かにラリーを走ることで「私の走りの幅」が広がっていくのを感じています。
新井敏弘さんと一緒にしぶかわ観光大使就任
新井敏弘さんと一緒にしぶかわ観光大使就任
 今季はスピードレース、ドリフトにラリーと、二刀流ならぬ「三刀流」に挑んでいますが、今度とも「リアル真子」+「しぶかわ観光大使」として、渋川と群馬の盛り上げにも微力ながら貢献できたら嬉しいです!
しぶかわ観光大使のステッカーと共に走るネッツ東京レーシングの「真子バージョン」86
しぶかわ観光大使のステッカーと共に走るネッツ東京レーシングの「真子バージョン」86