ニュルブルクリンクVLN耐久レース、マシンはGT86
ニュルブルクリンクVLN耐久レース、マシンはGT86
 最近は今季活動プラン作りで慌ただしい毎日ですが、そのベースとなった充実の2018年「三刀流」ドライバー活動をレポートさせていただきます。

 わたしは昨季、「GTカーレース」「ドリフトレース」「ラリー」の異なる3つのカテゴリの競技にシリーズ参戦していため、「三刀流」を自称しています。
全長25キロ、世界で最も過酷と言われるニュルのコース
全長25キロ、世界で最も過酷と言われるニュルのコース
 GTカーレースでは、ニュルブルクリンク24時間耐久に参戦するために必要なパーミットAライセンスを取得すべく、同サーキットで開催されるVLNシリーズに出場。

 ニュルデビュー戦となった昨年8月のVLN第5戦(6時間耐久)でクラス2位、9月のVLN第6戦(4時間耐久)でクラス3位となり、パーミットA資格を得て、10月のVLN第8戦(4時間耐久)はクラス5位完走。世界最難関コースに苦戦しながらも、なんとか当初の目的を達成することができました。

 そして国内では、総合工具メーカー「TONE」80周年企画として、フェアレディZのワンメイクレース、Z EXPERT TROPHYの4戦に出場(筑波、もてぎ)、クラス優勝3回、準優勝1回と、最高の戦績を収めることができました。

 12月のNISMOフェスティバル(富士)にもゲスト出場。最後尾スタートとなりましたが、17台をオーバーテイクして3位に入ることができました。
Z EXPERT TROPHYに参戦したZ34と
Z EXPERT TROPHYに参戦したZ34と
 ドリフトレースでは、ドリキン・土屋圭市さんが創られた新シリーズ「ドリフトキングダム」にチーム「頭文字D アゾン WAKO’S」として、S14えっくす☆きゅーと号で参戦。全7戦中6戦を戦い、最終戦日光でついに3位表彰台をゲット、シリーズランキングもクラブマンクラス4位となりました。

 キングダムでの私の闘いは全て講談社ベストモータリング公式「INITIAL D リアル真子塚本奈々美チャンネル」で番組化していただき、YouTube配信されています。
日光サーキットを走るS14えっくす☆きゅーと号
日光サーキットを走るS14えっくす☆きゅーと号
 そして、初挑戦となったラリー。ネッツ東京からTGRラリーチャレンジに86を駆って参戦。

 GTカーレース、ドリフトとは全く違うことに戸惑いながらも、東日本シリーズの5戦に出場し、1回のリタイヤはあったものの、他のレースではすべてポイントをゲット。年間ランキングでクラス5位となり、富士すその特別戦にも参加できました。

 特に、頭文字Dの聖地・渋川で、渋川観光大使として真子ラッピングの86で走れたことは、私にとって最高の思い出になりました。
キングダム出場大会は全戦ベストモータリングで番組配信
キングダム出場大会は全戦ベストモータリングで番組配信
 この「三刀流」レーサー活動は、今年も継続することになりそうです。あわせて、いろいろなイベントに参加して行きます!来る2月10日にはワンダーフェスティバル(幕張メッセ)のアゾンブースに、私のドリフトマシン・S14えっくす☆きゅーと号と一緒に出演します。ぜひ皆さんにも遊びに来ていただき、私の「三刀流」活動を知ってもらえたら嬉しいです!
TGRラリーチャレンジ渋川大会での真子86
TGRラリーチャレンジ渋川大会での真子86
講談社ベストモータリング公式「INITIAL D リアル真子塚本奈々美チャンネル」