ドリフトの魅力を世界に発信
塚本奈々美プロモーションディレクター=塚本Dです、よろしく!
塚本奈々美プロモーションディレクター=塚本Dです、よろしく!
 “Cool Japan”コンテンツとして世界的人気を集めるドリフト競技、その魅力をさらに多くの方に知ってもらえたらと兼ねてより考えていた私ですが、なんとこのたびドリフト世界最高峰のシリーズ「D1GP」のプロモーションディレクターに就任しました。

 今季のD1GPは、例年より少し遅く6月29日、30日に開幕(筑波)を迎えましたが、早くも会場では皆さんに「塚本D」と呼んでいただき、すごく嬉しかったですね。
これが齊藤太吾選手のGRスープラ
これが齊藤太吾選手のGRスープラ
 いまD1の話題の中心は何といっても2台の新型GRスープラ。シリーズチャンピオンの経験がある齊藤太吾選手と川畑真人選手が公式戦で初めてその走りを披露しました。今季から始まったグリッドウォークでもこの2台には大変な人だかり。マシンはまだ発展途上ではあるものの、シリーズを通して注目される存在になるでしょう。

 そして、この2台のスープラを追走ベスト16、そしてベスト8で下し、早くも「スープラキラー」と呼ばれ始めたのが、今季はガルフカラーのS14シルビアで参戦する日比野哲也選手。ラウンド1で総合2位、ラウンド2では単走優勝を果たし、開幕シリーズを終えて総合ランキング2位、単走ランキング首位と好調!その勢いで、7月14日のロシアドリフトシリーズ(RDS)第4戦でも単走優勝し、次戦十勝大会での活躍が期待されます。
追走ベスト8で戦う川畑スープラvs日比野シルビア、軍配は日比野選手に!
追走ベスト8で戦う川畑スープラvs日比野シルビア、軍配は日比野選手に!
 こうして、ニューマシンや新しいタイヤメーカーを使うドライバー、そしてD1ライツからの昇格ドライバーらが揃ってくる中、昨季の優勝パッケージをそのままに、2019年シーズンの開幕を迎えた横井昌志選手はやはり強く、ラウンド1そしてラウンド2ともに総合優勝を果たしました。開幕戦の熱が冷めやらぬうち、7月27日、28日には北海道十勝スピードウェイでラウンド3、4が開催されますが、果たしてチャンピオン横井選手が連勝するのか?はたまた誰が横井選手を止めるのか? 注目が集まります。
有名YouTuberまーにゃさんらを迎えてD1情報を広く発信
有名YouTuberまーにゃさんらを迎えてD1情報を広く発信
 さて、この開幕戦、私はプロモーションディレクターとして、ドローン製造で世界シェア70%を誇る「DJI」にご協力いただき、空撮、車載、地上の3ウェイ大迫力映像を使ったプロモーションムービーを製作しました。また、クルマ系の有名YouTuber3チームにD1GPを初取材して頂き、ドリフト競技やD1をまだご存じでない方への情報発信も行いました。
これが塚本Dが今季D1ライツを戦う80スープラ「えっきすきゅーと」号
これが塚本Dが今季D1ライツを戦う80スープラ「えっきすきゅーと」号
 そして、D1GPのアンダーカテゴリーとなるD1ライツには選手として出場。選手目線での情報発信を行っていきたいと思っています。7月7日のD1ライツ・エビス大会にはチーム「アゾン ダンロップ TONE 773」から今季マシン80スープラで出場、シェイクダウンを兼ねた参戦であったことや、エビスの難しいコース、且つウエットコンディションとなった難しい戦いで、残念ながら予選通過はなりませんでした。ですが、私のD1GP出場を目指す姿をご紹介することで、D1GPの凄さ、おもしろさを皆さんに知ってもらえたらなとも考えています。

 今季の塚本Dの活動にぜひご注目下さい。
ウエットコンディションの中、ドリフトの聖地エビスを走る塚本D
ウエットコンディションの中、ドリフトの聖地エビスを走る塚本D