2月29日、静岡県・富士スピードウェイで行われたスーパー耐久(S耐)の公式テストで、夜間走行を含めたドライバーズテストに挑みました。
 No.66チーム「OVER DRIVE」のマシン「oldura Idia ROADSTER」でテストに参加、多数のクラスとの混走、またS耐公式タイヤであるピレリSタイヤも初体験でしたが、マシンは操りやすく、他のレース競技でも愛用してるレカロシート(PRO RACER RMS)が装着されている安心感もあって、短い時間の中で、なんとかAドライバーの0.5秒落ちで、ドライバーズテストに合格することができました。
 夜間走行はいつものサーキットとは雰囲気が違い、コースのライティングと後方からくるマシンのライトだけを頼りに、いろいろと判断をしないてはならず、もう少し慣れが必要だと感じましたが、昼間にはない不思議な雰囲気の中で、楽しく走ることができました。
 第1戦目の鈴鹿戦が延期となりましたが、今年も皆さんに楽しんでもらえるようにチームの様子を発信していきたいと思います!

 2020年はマシンデザインも新たに「TONEカラー」となったチーム「OVER DRIVE」の活躍にご期待ください♪
 そして、私自身は今季もレース、ドリフト、ラリーの三刀流で頑張っていけたらいいなぁと思っています。